有給休暇、代休(透析室のみ)の取得状況について

有給休暇は取りやすい方だと思う(事務スタッフ)
有休の完全消化も可能なことが、ありがたい(透析室スタッフ)
特に小さい子供がいる人は、子供の病気の時も急に代休、有休が取れるのでとても助かっている。皆、お互い様の気持ちがあるので気兼ねなく休めている(透析室スタッフ)
医療法人 悌仁会 近年の有給休暇取得状況(2019年7月現在)
期間(1年間) 人数 有休取得
日数合計
年間平均
有休取得日数
有給取得
20日以上
有給取得
10日~20日
有給取得
10日未満
2016年7月1日~2017年6月30日 21人 246日 11.7日 5人 7人 9人
2017年7月1日~2018年6月30日 24人 253日 10.5日 3人 9人 12人
2018年7月1日~2019年6月30日 22人 283日 12.9日 5人 7人 10人

※対象者は正職員のみ。パートタイマーの送迎ドライバーは含めていません。

産休、育児休暇取得状況について

平成16年6月のつちだ内科・泌尿器科開業以来、多くのスタッフが育児休暇を取得、その後復帰して育児、家庭、仕事とのバランスを取りながら働き続けています。
医療法人 悌仁会 産後休暇・育児休業取得状況(2019年7月現在)
取得年 スタッフ 産後休暇
育児休業取得 合計期間
備考
2006年(平成18年) A 2006年8月から約5カ月半 第2子
2008年(平成20年)① B 2008年6月から約7カ月 第1子
2008年(平成20年)② C 2008年9月から6カ月超 第2子
2010年(平成22年) B 2010年11月から8カ月 第2子
2011年(平成23年) D 2011年11月から8カ月超 第2子
2013年(平成25年)① E 2013年8月から7カ月超 第1子
2013年(平成25年)② F 2013年12月から5カ月超 第1子
2015年(平成27年) E 2015年9月から約7カ月 第2子
2017年(平成29年) G 2017年3月から1年2カ月弱 第1子

残念ながらこれまで育児休業を取得したのはすべて女性です。今後は、少しでも男性スタッフも育児休業を取得することが出来るように、環境を整えていきたいと考えています。

有給子ども休暇について

当法人では、平成22年から独自に「有給子ども休暇」導入しています。
勤務年数にかかわらず、高校生以下の子どもを持つ職員が対象で、子供1人につき年間2日、2人以上の場合は4日取得できる有給休暇です。
子供が感染症にかかった場合、保育園を1週間休まなければならないので、少しでも有給休暇が増えることは、とてもありがたい(透析スタッフ)

対象となる子どもの年齢 満18歳になってから最初の3月を迎えるまで
日数 子ども1人の場合は1年間につき2日、2人以上の場合は1年間につき4日とする。
取得方法 年次有給休暇と同様とし、半日単位で取得できる。
取得できる時期 採用直後から与えるものとする。
繰越について 使用しなかった有給子ども休暇は、年次有給休暇同様、付与日から起算し2年間に限り繰り越すことができる。
その他 子どもが満18歳になってから最初の3月31日を迎えた後は、その子どもについての子ども休暇は失効するものとする。
提出書類 有給休暇と同様に、届出書「子ども休暇届け」を事前に提出する。子どもの急病等で、当日やむを得ず子ども休暇をとる場合は、後日届出書を提出する。